wakuwaku-blue’s blog

日常のワクワクを綴るブログ

ワクワク☆ホーチミン日記 <街並み編>

こんにちは、Wakuです。

2018年12月、仕事でベトナムのホーチミンに2泊4日で行ってきましたので、数回に分けてブログを書きます。今回は出発からホーチミン市内の様子が中心です。

 

朝9:30分出発の便でしたので、成田空港に7:40頃到着しました。チェックインカウンターで30分ほど並びましたので、思ったほど時間の余裕はありませんでした。8:40分から手荷物検査、9:20分には飛行機が動き始め、予定通り9:30分に離陸しました。

f:id:wakuwaku-blue:20181215155602j:plain

成田空港第1ターミナル北ウイング4F チェクインカウンター(ベトナム航空)

f:id:wakuwaku-blue:20181215155724j:plain

国際線出発口

日本時間で15:40分にタンソンニャット国際空港に到着しました。フライト時間は約6時間、機内食を食べる以外に、映画を2本見ることができました。

日本との時差は2時間。ホーチミンが日本より2時間遅れており、ホーチミンの時間は13:40分です。

タンソンニャット国際空港は、ホーチミンの中心部から北西約8㎞にある空港です。飛行機から降りた瞬間はやはり暑いと感じました。気温は30℃ぐらいです。空港に入った瞬間は、わずかですが異国独特の香りがしました。

f:id:wakuwaku-blue:20181215160831j:plain

タンソンニャット国際空港に到着。

関西国際空港を出発してほぼ同時間に到着した仕事関係の方々や現地駐在の方々、合計4人と待ち合わせて、大型タクシーでホーチミンの中心部に向かいました。

予想はしていたのですが、バイクの多さと車のクラクションが絶えず鳴っている騒がしさに、ここは日本ではなないことを実感しました。

歩道を歩いていても、あっちこっちからバイクが走ってきますので身の危険を感じました。現地駐在員の方のアドバイスでは、「バイクは基本的に止まらないので、歩く速度を変えるとぶつかります。」だそうです。

f:id:wakuwaku-blue:20181215160136j:plain

ホーチミン市街、中央右の緑色のヘルメットはバイクタクシー

f:id:wakuwaku-blue:20181215160438j:plain

ホーチミン市街の大きな道路。やはりバイクも車も多い。

日本より明らかに車とバイクの距離が近く、皆さん器用に運転していますが、交通事故は頻発しているそうです。

f:id:wakuwaku-blue:20181215160233j:plain

街中では「バインミー」と呼ばれるサンドウィッチが良く売られていました。

ベトナムは、中国・フランス支配、ベトナム戦争という時代を経て、社会主義国家として独立しました。現在は急速に経済発展をしていて、ホーチミンの市街は新旧が入り混じっています。ホーチミンはかつてサイゴンと呼ばれていました。

f:id:wakuwaku-blue:20181215161054j:plain

ホテルからみた風景です。

f:id:wakuwaku-blue:20181215160948j:plain

夕食を食べたレストランからの夜景。

 

最後にベトナムのお金の話です。

ベトナムのお金の単位はドンです。お札は100ドンから500,000ドンまでありますが、旅行でベトナムに来た人なら10,000ドン以上の紙幣を使うことが多いそうです。

ドンと円の為替レートは、おおよそ円はドンの200倍です。10,000ドンはおおよそ50円です。ドンの後ろの0を2つ消して、数字を2で割ったらおおよその円になります。

物価は日本の3分の1程度です。

円からドンへの両替は銀行や両替所、ホテルで可能です。私は街中の両替所で両替しました。

ちなみに、お札に描かれている人物は全部ホーチミン初代国家主席なので、使う時に間違いやすいため、注意が必要です。

f:id:wakuwaku-blue:20181215161654j:plain

ベトナムのお金

次回は、主な観光名所を中心に書きます。

それではまた。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村