wakuwaku-blue’s blog

日常のワクワクを綴るブログ

ワクワク☆実践幸福学レポートⅠ

こんにちは、Wakuです。

ロボットや脳科学の研究をされていて、現在は「幸福学」を研究されている慶應義塾大学大学院の前野隆司教授のご講演を聞く機会がありました。

先生の研究は、哲学や心理学における幸福研究とは異なり、幸福を体系化して、人々の幸福度向上に役立てることを目指していて、非常に興味深い内容でした。

今回は、そこで学んだエッセンスを紹介しますので、少しでも皆さんの参考になればと思います!

f:id:wakuwaku-blue:20190224010421j:plain

前野先生は過去の幸福研究から、幸せに関する項目を徹底的に洗い出し、それをアンケートにして日本人1,500人に回答してもらい、その結果をコンピューターにかけて解析して、四つの因子を求めています。 

幸せの四つ葉のクローバー

1.「やってみよう!」自己実現と成長の因子

2.「ありがとう!」 つながりと感謝の因子

3.「なんとかなる!」前向きと楽観の因子

4.「あなたらしく!」独立とマイペースの因子

この結果が有益なのは、幸せに寄与する心理因子がわずか四つに集約できたこと、この四つを満たすことを心がけていたら、幸せに近づくからです。

今回は「やってみよう!」自己実現と成長の因子について少し詳細にレポートします。

 

 1.「やってみよう!」自己実現と成長の因子

 この因子は、以下の内容に関係した因子です。

 ①コンピテンス(私は有能である)

⇒ 何か画一的な意味で他人に打ち勝つというような意味ではなく、多様な良さをいろいろな人が発揮するということ。

 

 ②社会の要請(私は社会の要請に応えている)

⇒ それぞれなりに、世界の人のうちの誰かが、ささやかでもいいから喜ぶような何かを発揮するということ。

 

③個人的成長(私のこれまでの人生は、変化、学習、成長に満ちていた)

⇒ 各自の多様な興味に応じて何か充実感のある成長を得るということ。

 

④自己実現(今の自分は「本当になりたかった自分」である)

⇒ 名誉や地位や金銭を得ることではなく、それぞれがやりたかった多様なものごとのうちのひとつを実現すること。

 

「自己」の実現なので、時代に押し付けられた何かではなく、自分なりの何かの実現です。全く画一的ではなく、多様でいい。世界には70憶通りの価値軸があり、70憶人がそれぞれに秀でているのだから、70憶人総天才社会時代が理想です。

参考文献:幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 前野隆司 講談社現代新書

 感じたこと

自分らしさって何だろう、自分なりに実現したいことって何だろうと考える良い機会となりました。ちょっとしたことでもいいかもしれませんが、ささやかな実現の積み重ねが「幸せ」に繋がるのかもしれません。

私には二人の子供がいます。それぞれに違った才能やそれぞれの成長の仕方があるはずなので、それぞれらしい成長をして幸せに繋げてほしいものです。

また、アインシュタインは「誰もが天才だ。しかし、魚の能力を木登りで測ったら、魚は一生、自分はダメだと信じて生きることになるだろう」と言いました。

子供の成長を単純にテストの点数だけで測るのではなく、それぞれに合った「ものさし」で、成長を測ることも肝に銘じなければならないと感じました。

f:id:wakuwaku-blue:20190224082924j:plain

登ることができた!

 次回は、「ありがとう!」つながりと感謝の因子についてレポートします。

それでは、また。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村