wakuwaku-blue’s blog

日常のワクワクを綴るブログ

ワクワク☆実践幸福学レポートⅣ

こんにちは、Wakuです。

ロボットや脳科学の研究し、現在は「幸福学」を研究されている慶應義塾大学大学院の前野隆司教授のご講演を聞く機会がありました。今回はエッセンス紹介の4回目です。

前野先生は幸せに寄与する心理因子をわずか四つに集約し、この四つを満たすことを心がけていたら、幸せに近づくと言っています。

f:id:wakuwaku-blue:20190424165234j:plain

隅田川テラスの花壇

幸せの四つ葉のクローバー

1.「やってみよう!」

            自己実現と成長の因子

2.「ありがとう!」

            つながりと感謝の因子

3.「なんとかなる!」

            前向きと楽観の因子

4.「あなたらしく!」

            独立とマイペースの因子

今回は「4.あなたらしく!」独立とマイペースについてレポートします。 

 4.「あなたらしく!」独立とマイペースの因子

 ①社会的比較志向のなさ(私は自分のすることと他者がすることをあまり比較しない)

 ②制約の知覚のなさ(私は何ができて何ができないか外部の制約のせいではない)

 ③自己概念の明確傾向(自分自身についての信念はあまり変化しない)

 ④最大効果の追求(テレビを見る時はあまり頻繁にチャンネルを切り替えない)

 

「普通の人」より「変人」になろう

独立していて人の目を気にせずマイペースであることの極限が変人。変人とは、幸せの第4因子を満たすと楽しいことを、体で知っている人です。

一度しかない人生、ささやかでも自分だけの成長と自己実現による充実感を手に入れ(第1因子)、多様な友達を持ち(第2因子)、楽観的によく笑い(第3因子)、人の目は気にせず(第4因子)、楽しく生きた方がいいと思うんですよね。その極限が変人です。皆さんも、是非、変人を目指してください。「目指せ、変人」です。愛される変人。

 参考文献:幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 前野隆司 講談社現代新書

 感じたこと

幸せは伝染するそうです。イェール大学の教授のネットワーク解析によると、幸せな人の周りには幸せな人が多く、そうでない人の周りにはそうでない人が多いという結果が得られています。これから、幸せの四つ葉のクローバーを絶えず意識して、自分自身が幸せになるだけでなく、自分の周りの人も幸せにする、そんな良い影響を周りに与えられる人間になりたいものです。

それでは。

f:id:wakuwaku-blue:20190424181601j:plain

幸せな夕暮れ

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村